青木紀代美さんの『食に添う 人に添う』の出版を祝う会

昨年末に青木紀代美が出版した『食に添う 人に添う』はおかげさまでいろんな方からご感想をいただきました。ありがとうございます。

「よくぞ書いた」「素晴らしかった」「こんな人がまだこの世の中にいるのか」「お母さんへの想いに泣けた」「魂を感じた」などというありがたいお言葉をたくさん頂戴いたしました。

「安全安心で、まっとうな食べものを」という考えをこれからも広げたく、出版社風雲舎様の主催で以下のような「出版を祝う会」を企画していただきました。もしお時間がございましたら、ぜひご参加ください。

と き:    平成30年3月24日(土曜日) 12:00~14:00

ところ:  東京四谷 主婦会館 (JR四谷駅麹町口すぐ)
9階スズラン(昼食をご用意しております)

会 費:    6000円  当日お願いいたします

主催・事務局:(株)風雲舎
電話 03-3269-1515 FAX 03-3269-1606
mail@fuun-sha.co.jp

参加ご出席の方は、2月25日ごろまでに上記宛てご一報ください

発起人は以下のみなさんです。名乗りを上げていただき、ありがとうございます。
稲葉芳一(稲葉ナチュラル農園) 上木伸(著者の友人) 牛島定信(精神科医) 金澤武道(脳内科医) 金山重信(自然農法家) クレア・オルソン(友人) 亀岡紀代子(友人) 神矢好子(友人) 河谷史夫(元朝日新聞記者) 木村純子(友人) 高良一武(東京大学名誉教授) 合原正二(病院長) 小松正信・万樹子(小松米生産者) 草薙玲子(温熱治療師) 斎藤法子(友人) 笹島唯博(医師、日本血管外科学会評議員) 鈴木誉男(友人) 神野学(納豆づくり) 重野弘(税理士) 高畑康子(料理研究家) 竹下康彦(友人) 田中啓介(朝日新聞記者) 田中志乃(声楽家) 民野泰之(マルヰ醤油会長) 遠山慶子(ピアニスト) 鈴木満(弁護士) 杉俣紘二朗(紘二朗黒糖) 西川栄郎(NPO 法人オルター) 野尻陽子(友人) 野原秀夫((株)ルーキファーム社長) 中山栄基(ミネラル研究家) 中村百合子(友人) 七沢賢治((株)七沢研究所社長) 長谷澄夫(国際整体協会理事) 長谷川恵子(友人) 長谷川煕(ジャーナリスト) 藤井功子(友人) 藤原一夫(スクールカウンセラー) 東道夫(医師) 広瀬武(友人) 藤玲子(友人) 村井実(慶応義塾大学名誉教授) 望月洋子(友人) 森戸曠敬((株)ビバ社長) 山口真理(友人) 山平松生(風雲舎) 渡邊一夫(友人) 渡部晋三(KS西日本社長) 子どものいのちを守る会 食といのちを守る会 乳研連合会

高畑康子先生の料理教室ご報告

高畑康子料理教室「健康な毎日を送る親子のための野菜料理 ~ 和食は素晴らしい」が無事に開催されました。

台風が近づいてきていて決行できるかどうか心配でしたけど、参加者はみなさん楽しんで帰っていただきました。

事前に一時間ほどの仕込みをし、実際の調理時間は1時間ほどで、17人前の10種の料理ができました。なんというスピード。みなさん手際がいいですね。

ご覧のように野菜や豆類がふんだんに使われた、健康にいい料理を紹介していただきました。インスタントやレトルトを使わなくても、ちょっとした知識と工夫があれば、健康でおいしい料理があっという間にできる。そのためには本物の醤油、味噌、黒糖、お酢などを使うこと。もちろん野菜も吟味しましょう。

“高畑康子先生の料理教室ご報告” の続きを読む

高畑康子先生の料理教室詳細決定しました

大変お待たせいたしました。高畑康子先生の料理教室「健康な毎日を送る親子のための野菜料理 ~ 和食は素晴らしい」の詳細が決まりました。

以下のように開催いたします。お誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

日時  :  平成29年8月5日(土) 14時~17時

会場  :  都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅そばの会場
        お申し込みの方にお伝えいたします。

講師  :  高畑康子

参加費 :  3,000円

お申込み:  kdm.mamoru.event@gmail.com

詳細  :  http://bit.ly/takahatacook

チラシの画像pdfはこちらにあります。拡散のほど、よろしくお願いいたします。

“高畑康子先生の料理教室詳細決定しました” の続きを読む

高畑康子先生の料理教室

平成29年8月19日(土)の午後2時から、東京都内で高畑康子先生の料理教室を開催することが決定いたしました。 (7/21訂正 日程が8/5に変更になりました。詳細はこちらをご覧ください)

高畑康子先生は普段の食事に日本の伝統的な食を取り入れることで、健康・長寿はもちろん、運命も変えると訴えてきた先生です。日本の伝統食、和食は世界に誇れる健康・長寿食であることは近年当たり前に言われるようになりましたけど、それを何十年も前から言い続け、著書や講演会、料理教室などで発表し続けてきた方です。

高畑先生に直接和食の手ほどきを受けることのできる機会を、子どものいのちを守る会が定期的に設けています。

詳細をもうすぐ発表いたします。もうしばらくお待ち下さい。

平成25年度事業活動報告

 平成23・24年度は、東日本大震災、福島第一原発事故の影響から、親子塾を中止していましたが、今年度は、当会所有の「あしょろドーンの家」を根拠地として再開いたしました。
7月23日(第1日目)
参加者全員(九州から参加の数人は別)が、帯広空港に集合。貸切バスで2時間強の「ドーンの家」に到着、宅配便を受取り、バスで町中にある「足寄温泉」に入浴後、近くの「熊の子食堂」の広間で九州組と合流し夕食。その場で開塾となった。青木副理事長の歓迎のことばの後、全員が自己紹介、日程表、名簿などが配布された。「ドーンの家」に戻り、荷物の開梱、各自割り当てられた部屋で就寝。

7月24日(第2日目)
 これから4日間の朝食・昼食は、全て高畑理事のレシピでの健康食育調理による食事。
午前中は、敷地内の草地を開墾し畑にする親子農作業、午後は親は農作業継続、子どもたちは、近くの道の施設「ネイパルあしよろ」でボール遊びなど、それぞれ時間を合わせて「足寄温泉」で入浴、足寄町民センターの調理室に移動、親子揃ってのお料理教室・夕飯の調理と食事を楽しむ。「ドーンの家」へ戻って、親たちは、中野、高畑両先生のお話を聞く。子どもたちは、敷地内でクワガタ、カブトムシの収集と支援者に手伝って貰って池の鯉釣りに夢中であった。

7月25日(第3日目)
午前中は、前日と同じ農作業。午後は親も子どもたちも前日と同様。「足寄温泉」入浴後、町民センターの料理教室、夕食も同様。夕食後、「ドーンの家」に戻って、親たちは、青木さんを囲んで交流・懇親会。子どもたちは、中野、高畑両先生の分かり易いお話を聞く時間を過ごした。

7月26日(第4日目)
午前中は、親子揃っての農作業。午後、親たちは立木の移植などの作業、子どもたちは、中野先生の案内で、乳牛を放し飼いしている牧場周辺をドライブ。親たちは足寄の名産品を探しに道の駅を散策。「足寄温泉」入浴の後、「ドーンの家」に戻って、野外炊飯バーベキューの準備も全員で協力。中野先生のうこぎの葉の天ぷらは大好評で、30メートル先の林から追加採取するほど。マトンや牛肉は地元の最高級のものばかり、夕暮れの中で皆満腹々々であった。

7月27日(第5日目)
いよいよ最終日。九州組は先発で出発、名残惜しいお別れであった。残りの参加者は、貸切バスで中札内美術村へ、レストランで素朴で美味しい地元料理を味わい、柏林の散策、美術館の鑑賞などを楽しんだ。
全ての行事が終了、帯広空港で解散した。