ドキュメンタリー映写会「日本と再生」

弁護士の河合弘之氏が監督した衝撃のドキュメンタリー「日本と原発」が2014年11月に公開されました。あれから三年、三部作の最終作「日本と再生」のドキュメンタリー映写会をおこないます。

ドキュメンタリー映写会ではいままで「日本と原発」「日本と原発 4年後」と三部作のうちの二作を見てきました。今回が最新作の「日本と再生」です。各国、そして各地域がどのようにして自然エネルギーの利用を可能にしているのかをレポートしていきます。果たして日本も脱原発が可能になるのか? それを探るため、河合弘之監督と環境学者・飯田哲也氏がドイツ、デンマーク、中国、アメリカと旅し、そして国内で自然エネルギーに取組む人々に会っていきます。まだこのドキュメンタリーを見てない方はぜひご覧ください。日本に蔓延する固定観念がひっくりかえるでしょう。前作「日本と原発 4年後」は30分ほどにダイジェストされ、法廷でかけられ、原発再稼働阻止の判決をいくつも実現しました。

【「日本と原発 4年後」法廷版 上映記録(2017年4月現在)】
2015年  
2月10日 伊方原発運転差止訴訟 第10回口頭弁論
4月28日 泊原発運転差止訴訟 第13回口頭弁論
7月1日  大飯原発運転差止訴訟 控訴審 第4回口頭弁論
7月9日  柏崎刈羽原発運転差止訴訟 第11回口頭弁論
9月17日 東海第二原発運転差止等訴訟 第11回口頭弁論
9月28日 島根原発3号機設置変更許可処分無効確認訴訟 第8回口頭弁論
10月15日 志賀原発運転差止訴訟 第16回口頭弁論
10月22日 浜岡原発運転差止訴訟 控訴審 第19回口頭弁論
12月10日 川内原発操業差止訴訟 第11回口頭弁論
2016年  
5月19日 浜岡原発運転終了・廃止等請求事件 第24回口頭弁論

こちらで、「日本と原発 4年後」法廷版のYouTubeを見ることができます。

ドキュメンタリー映写会「日本と再生」
日時  :  2017年9月9日(土) 開場13時 開演13時15分
会場  :  TCC試写室
       東京都中央区銀座8丁目3番先 高速道路ビル102号
       電話 03-3571-6378
地図    こちらをクリック
参加費   1,000円
お申し込み・お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ。
主催    NPO法人 子どものいのちを守る会
       「食」「環境」「教育」に関する情報を発信するNPO

チラシpdfはこちらをクリック。

「日本と再生」予告編

「日本と原発」「日本と原発 4年後」「日本と再生」河合弘之監督映画サイト

「日本と原発 4年後」これでいいのか

ドキュメンタリー映写会「日本と原発 4年後」、無事に終了いたしました。ご参加の皆さん、ありがとうございました。

日本人が目をつぶっていることをはっきりと見させてくれた映画でした。でも、問題がわかっても解決法がわからないとどうしようもありません。それを次回のドキュメンタリー映写会で見ていきます。次回の映写会は「日本と原発」三部作の三作目、「日本と再生」です。

9月9日に上映の予定です。詳細が決まりましたら発表いたします。日程を開けておいて下さい。

ドキュメンタリー映写会「日本と原発 4年後」


3・11から2年後、安倍首相はオリンピック開催のためのプレゼンテーションでこう述べました。

「フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。状況は、統御されています」……と。

しかし、その2年後、福島の状況は、日本の状況は、いかなるものだったのか。それが今回の映写会で上映するドキュメンタリー映画「日本と原発 4年後」に描かれています。

この映画は2015年1月に上映会をおこないました、河合弘之監督によるドキュメンタリー映画「日本と原発」の続編です。「日本と原発」上映の際にはたくさんの方々に来ていただきました。ありがとうございます。今回はその4年後の続編となります。

福島は忘れてはならない日本人の失敗だと思います。福島原発事故については、いろいろな角度からのドキュメンタリー映画がありますが、私たちがもし福島原発の周辺にいたらという視点に立ってぜひともご覧ください。

「人類は後世に対しては義務こそあれ権利はない」という言葉をお一人お一人の心にとめての生活こそ、子どものいのちを守ることにつながっていくものだと信じております。

題名    「日本と原発 4年後」
日時    平成29年7月8日(土) 開場13時 開演13時15分
会場    TCC試写室
       東京都中央区銀座8丁目3番先 高速道路ビル102号
電話    03-3571-6378
地図    こちらをクリック
参加費   1,000円
お申し込み・お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ。
主催    NPO法人 子どものいのちを守る会

チラシpdfはこちら。

「日本と原発」「日本と再生」公式サイト

平成26年度事業活動報告

1月17日の「日本と原発」映画界の参加者の感想
2時間15分という大作ドキュメンタリー映画ですが、弁護士の河合さんと海渡さんが、私費を投じての制作と伺いました。
河合弁護士は、以前から反原発訴訟の先頭に立って戦ってこられましたが、連戦連敗の苦渋を味わっているところに、最も恐れていた福島原発の事故がとうとう本当に起きてしまつたのです。原発研究者でない眼と裁判、訴訟の中で培われた専門知識を逐一洩らさず駆使されて製作した力作で、流れる画面に感動している間もなく、次々に映し出され語られる「事実」と豊富な「情報」にドキドキし、改めて原発のことを真剣に知ろうとしなかった私たちの怠慢さを突きつけられた思いを、見ていた皆さんも同じように味わったことでしょう。
明るくなった場内で皆さんは、ひと時放心状態というのでしょうか、終映のざわめきもなく退場されました。