平成21年度 レクチャーコンサート「君は愛されるために生まれた」

平成21年5月16日
第8回通常総会の後、こどもから親へのメッセージ 子どものいのちを守る会のレクチャーコンサート「君は愛されるために生まれた」ヴァイオリニスト ジョン・チャヌの調べを開催しました。
曲目は
映画「80日間世界一周」より“テーマ”、
チャイコフスキー『 白鳥の湖』より“情景”、
映画「ピノキオ」より“星に願いを ”、
マスネー:タイスの瞑想曲、
サラサーテ:ツゴイネルワイゼン、
プッチーニ:歌劇トゥーランドットより「誰も寝てはならぬ」、
モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲、レクイエムよりクラリモサ、ピアノソナタ第8番、ヴァイオリンソナタ(K304)、ジェラシー(コンチネンタルタンゴ)、
ショパン:ノクターン(20番)、イムジン河、きみは愛されるために生まれた
という内容でした。
演奏時間は15分の休憩を挟んで、延べ約2時間30分。このコンサートを企画、監修してくださった青木淳氏(多摩美術大学)は、コンサート開催の契機やジョン・チャヌさんについて次のような一文(抜粋)を寄せてくださいました。

「昨年、藤野武彦先生から「なにかいま、この子どものいのちを守る会にしか出来ないようなことがないでしょうか」というお話をいただきました。

現代は、どこか子どもたちから親へのメッセージがなかなか届かない時代という気がしていました。

学生時代から、気がつくといつも私のまわりでモーツァルトの音楽が流れていた気がします。無意識に聴いているのに、なぜだかモーツァルトがそこにいて誰かに語りかけているような気がしていました。その旋律は、時に喜びに満ち、またある時はその溢れ出る才能が天から降り注ぐもののようであることを感じました。ただここ数年、彼の作品の中でいくつかの作品を聞くたびに、強くこころ動かされるものがあったのです。

作品番号で言うとK.290~320番あたり、特にK.304というヴァイオリンソナタは聴くたびに、その透き通るような美しい旋律の傍らに、彼の内なる悲しみを感じていました。それはモーツァルトが21歳の時の作品でした。演奏旅行のために生まれ故郷のザルツブルグを出発したモーツアルトと母のアンナでしたが、ようやく目的地のパリに到着したものの、間もなく母は急逝してしまう。そんなとき、モーツアルトが作曲したのがこの作品でした。亡き母に語りかける天才モーツアルトの、伝えきれぬ言葉がこのメロディーとなってそこにあるのだと思いました。モーツァルトの母は、ある意味で普通の女性であり、母でした。けして特別なものを持った人物という印象はありません。しかし彼にとってはかけがえのない存在だったことはこれらの一連の作品からもよく分かります。子供たちにとっては、どんな親もかけがえのない存在だということを、彼の音楽は語っていたのではないでしょうか。

そんな親子の関係を、そして音楽が語りかける愛情の意味を誰かに語ってもらいたいと思っていた時に、今それができるのはヴァイオリニストのジョン・チャヌさんだと直感的に思った。どこか無邪気で、人を喜ばすことが大好きで、それでいて多くの悲しみも知っている人。たぶんモーツァルトが語りかけるように、音楽を聞かせてくれる数少ない演奏者です。会場は気持ちよく心開けるホールをという思いから、丸の内の日本工業倶楽部をお借りしました。この贅沢でしかし品のいい空間は、心地よい緊張感を私たちに与えてくれるに違いないと思いました。

ジョンさんが最後に奏でた「君は愛されるために生まれた」は、目をつぶって聴いていました。音楽が親子を、そして人と人を深く結びつけるかけ橋となっていることを体験した気がしました。」

平成20年度北海道清水町親子塾キャンプ報告

8月2日 [第1日目]
千歳空港集合。約3時間のバス旅行で宿舎となる清水町農業研修会館に到着、参加者は部屋で落ち着く暇もなく講堂に集合、開塾の会で青木副代表から開塾の言葉と「塾」の趣旨を説明、清水町高薄町長からの歓迎のご挨拶があり、その後POMSテストを実施した。
夕食後、親・保護者は懇談会、子どもたちは、ボランティアの学生とともに第1回の創作活動を開始しました。

8月3日 [第2日目]
午前中は、全員で旭山農場(旭山小学校跡で現在剣の郷創造館として地元で校舎を使用、その隣地に新農場を開設)で草取り・種まき・植え付けなどの不慣れな農作業に懸命に励みました。

午後、近くのフロイデ温泉に全員で入浴、親・保護者は藤野副代表のお話を地元の医師ご夫婦とともに聞き、その後飴屋講師の学習懇談会に出席し、子どもたちは、第2回の創作活動を進めました。
夕食後、中野理事夫人の指導で、ヘルマン・ハープの体験会に親・保護者・子どもが一緒に楽しみました。

8月4日 [第3日目]
午前中、昨日に引き続き旭山農場で農作業を始めましたが、降雨のため早く切り上げ、校舎で自由時間を過ごし、午後、地元新聞社が計画した「千年の森」見学、親・保護者は高畑理事の熱気溢れたお話を聞き、その後、学習懇談会の2回目。子どもたちは第3回の創作活動を進めました。夕食後、前夜と同じくヘルマン・ハープの体験と演奏会、仙台からの飴屋君などの楽器演奏も加わって楽しみました。

8月5日 [第4日目]
午前は、全員、歴船川(カムイコタン)で、地元のカヌー愛好者の指導の下、カヌーと水遊びを体験、また、河原の石を収集、中野先生は、石の良否の鑑定に大わらわでした。
昼食は中札内美術館村レストランで摂り、美術館などを見学、剣の郷創造館に戻り、親・保護者は学習懇談会の3回目、子どもたちは第4回の創作活動の後、子どもたちの創作活動の発表会では、活動の成果として「オペレッタ」を親・保護者が見守る中で、演じ拍手喝采を浴びました。夕刻より、運動場の端で野外パーティを開催、清水町町長はじめ地元の方々も大勢参加されて、中野先生の肝いりの縄文時代さながらの豚肉の蒸し焼き、比内鶏、地元特産の牛トロ料理などを心ゆくまで味わうことが出来ました。フィナーレは、仙台からのボランティアグループのピアノ・ヴァオリン演奏、独唱などが続き、大いに盛り上がったのでした。

8月6日 [第5日目]
朝食後、2回目のPOMS記入。石井の森の石井さんなどの指導で「押し花作り」の実習、ペンダントや額縁に好みの草花を配置して参加者皆さんのお土産となりました。
昼食後、バスでの帰途、日勝峠で十勝平野の展望を楽しみ、千歳空港で解散しました。

平成19年度帯広親子キャンプ報告

8月4日(第1日目)
とかち帯広空港に集合、八千代牧場カウベルハウスに移動、開塾の会で藤野副代表から「親子塾」の趣旨を説明、POMS(個々人のその時の気分を測定するテスト)を実施。その後、八千代公共育成牧場について三原氏が説明、夕食後、親たちは羊毛糸つむぎの実習、子どもたちはカルタ取り(本会の村井理事・慶應義塾大学名誉教授の撰んだ小林一茶俳句カルタ)を行った。

8月5日(第2日目)
午前中、中野農場で農作業を行う予定だったが、昨日の雨で畑がゆるんでいるため、ピョウタンの滝とその上流のダムを見学、大きなダムの底にエレベーターで降り、下から堰堤を眺めるという貴重な経験をした。午後は、帯広の隣町清水町の旭山小学校の廃校跡を見学、子どもたちは、大きな室内体育場で、配られた大小のボールを使ってサッカーなどに汗を流した。カウベルハウスに戻り、親達は、保護者懇談会、子どもたちは「どろ団子作り」や芝生で自由にしていた。夕食後、親子ともども中野理事夫人の指導でヘルマン・ハープの体験会等を行った。

8月6日(第3日目)
午前は、中野農場でハーブの摘み取りなどの農作業を全員で。午後、親達は牛島理事の「精神病医からみた最近の親子」の講義を聞き、その後交流会。子どもたちは、紙飛行機作りに熱中し、牧場見学に走り回った。夕食後は、前日練習したヘルマンハープの成果の発表、仙台から来てくれた飴屋君等とソプラノ歌手田中さんも加わって大演奏会で親子が楽しんだ。

8月7日(第4日目)
午前中は昨年訪問した、石井の森の石井さんなどの指導で「押し花作り」の実習、親子でペンダントや額縁にそれぞれの好みの草花をちりばめ、きれいな作品をお土産とした。午後、帯広市内の六花亭本店で中野理事のご子息の作品展を見学、各自お菓子のお土産を仕入れて、十勝川温泉へ向かい第一ホテルの2階建ての七つの浴槽に入浴、子どもたちは大喜びであった。夕食は、宿舎前の芝生で野外パーティ、飛び入りで参加者の一人片野さんが作詞・作曲の演奏会が開かれた。

8月8日(第5日目)
午前は、全員、歴船川(カムイコタン)で、地元のカヌー愛好者の指導のもと、カヌーを体験、河原の石の収集などを行った。昼食は中札内美術館村レストラン、美術館などを見学、とかち帯広空港で解散した。

会報『Dawn』バックナンバー

NPO法人「子どものいのちを守る会」では、会報『Dawn』を発行しています。
以下にバックナンバーのpdfへのリンクを表示します。
ご覧ください。

第37号 第36号 第35号 第34号 第33号 第32号 第31号 第30号 第29号 第28号 第27号 第26号 第25号 第24号 第23号 第22号 第21号 第20号 第19号 第18号 第17号 第16号 第15号 第14号 第13号 第12号 第11号 第10号 第9号 第8号 第7号 第6号 第5号 第4号 第3号 第2号 第1号

刊行物について

本会では、定款第4条(8)「この会の目的に沿った図書刊行物等の編集発行」の事業活動の一つとして、子どもたちにとって豊かな生育に役立つであろう内容を選び、逐次シリーズとして「ブックレット」を刊行しております。
下記ブックレットのバックナンバーの在庫は僅少ですので、ご希望の方はFAX03-5225-9056までお問い合わせ下さい。
メッセージ欄に必要部数を必ずご記入いただきFAXをしてください。
下記ブックレットのバックナンバーの在庫は僅少です。

“刊行物について” の続きを読む