ドキュメンタリー映写会「日本と原発 4年後」


3・11から2年後、安倍首相はオリンピック開催のためのプレゼンテーションでこう述べました。

「フクシマについて、お案じの向きには、私から保証をいたします。状況は、統御されています」……と。

しかし、その2年後、福島の状況は、日本の状況は、いかなるものだったのか。それが今回の映写会で上映するドキュメンタリー映画「日本と原発 4年後」に描かれています。

この映画は2015年1月に上映会をおこないました、河合弘之監督によるドキュメンタリー映画「日本と原発」の続編です。「日本と原発」上映の際にはたくさんの方々に来ていただきました。ありがとうございます。今回はその4年後の続編となります。

福島は忘れてはならない日本人の失敗だと思います。福島原発事故については、いろいろな角度からのドキュメンタリー映画がありますが、私たちがもし福島原発の周辺にいたらという視点に立ってぜひともご覧ください。

「人類は後世に対しては義務こそあれ権利はない」という言葉をお一人お一人の心にとめての生活こそ、子どものいのちを守ることにつながっていくものだと信じております。

題名    「日本と原発 4年後」
日時    平成29年7月8日(土) 開場13時 開演13時15分
会場    TCC試写室
       東京都中央区銀座8丁目3番先 高速道路ビル102号
電話    03-3571-6378
地図    こちらをクリック
参加費   1,000円
お申し込み・お問い合わせはこちらのメールフォームからどうぞ。
主催    NPO法人 子どものいのちを守る会

チラシpdfはこちら。

「日本と原発」「日本と再生」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です