遊びで可能性に火をつけるバルシューレ


平成30年2月25日(日)の午後、トレッサ横浜にて、NPO法人バルシューレジャパンの理事である福士唯男さんの指導のもと、バルシューレをおこなうことになりました。

バルシューレはドイツ生まれ。子どもの発育のかたよりを治すために作られました。子どもの運動不足がよく指摘されますが、かたよった運動もまた健全な発育を妨げます。バルシューレで大切にしていることは「基礎運動能力を高めるための多様性」「子どもの発達段階に即した運動」「楽しいものであること」、そして「潜在的学習」です。
「潜在的学習」とは、各運動に付随した多くのスキルを直観的で無意識のうちに獲得できるように配慮してあることです。
ぜひYouTubeにあるビデオをご覧ください。各年代の子どもたちがそれぞれの発達段階に合わせていろんな運動をしていきます。それらはとてもシンプルですが、一度始めると夢中になれる運動を、研究を重ねることで集めてあります。それらをおこなうことで子どもたちは自然とからだのバランスを取り戻し、生き生きとした動きを始めます。
YouTubeで「バルシューレ」と検索すれば見ることができます。
今回NPO法人子どものいのちを守る会の主催で、いままでに200名以上のバルシューレ指導者を育ててきたNPO法人バルシューレジャパンの理事である福士唯男さんの指導のもと、トレッサ横浜に会場を提供していただき開催いたします。

日時  :  平成30年2月25日(土) 午後3時から午後5時まで。
会場  :  トレッサ横浜 北棟2階 リヨン広場
        交通アクセスは以下のページをご覧ください。
        http://www.tressa-yokohama.jp/access/
参加費 :  無料
お申込み方法 :  以下のメールフォーム またはFax
          http://bit.ly/kodomonoinochi
          または 0352259056

このイベントには若干名のボランティアが必要です。
子どもたちと仲良くなれます。
ボランティアとして参加なさりたい方はぜひご参加ください。

ボランティアミーティング
日時  :  1月23日(火) 午後7時30分より
会場  :  子どものいのちを守る会事務所
       新宿区矢来町123 矢来ビル3階
       地図 https://goo.gl/maps/bnUWS
お申込み方法 :  以下のメールフォーム またはFax
          http://bit.ly/kodomonoinochi
          または 0352259056

ボランティアミーティングの直前に「ほうとうの会」をおこないます。
子どものいのちを守る会副理事長青木紀代美の出身地は甲府です。そこの名物「ほうとう」をみんなで食べましょう。
ボランティアの方はもちろん、ボランティアをしない方でも大歓迎です。
ぜひ根菜類のたくさん入った「ほうとう」をお召し上がりください。会費は無料です。
六時から行います。ボランティアをしてくださる方はその後ミーティング。
ボランティアに興味のない方は七時半にお帰り下さい。
用意にどのくらい作ればいいのか知りたいので、いらっしゃる方は必ずお申し込みください。

ほうとうの会
日時  1月23日(火) 午後6時から午後7時30分まで
場所  神楽坂 子どものいのちを守る会事務所
     東京都新宿区矢来町123矢来ビル3F
    地図 https://goo.gl/maps/V3aNgtt4ZnE2
参加費 無料 すきっ腹を抱えてきてください。
申込  こちらからどうぞ。 http://bit.ly/kodomonoinochi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です