ほうとうの会 開催!

子どものいのちを守る会の副理事長、青木紀代美は甲府出身です。甲府と言えば武田信玄、信玄と言えば、ほうとうです。ほうとうとは、うどんのような麺を平らに伸ばし、野菜などの食材と一緒に味噌仕立ての汁で煮込んだ郷土料理のこと。甲府出身でいつもほうとうを作っては食べていた青木が、根菜類がたくさん入ったそのおいしさを皆様にご披露いたします。ぜひ召し上がりに来てください。

以下は青木紀代美からのメッセージです。

私は山梨県の甲府市の生まれです。

雪こそめったに降りませんが、まわりの山々、特に八ヶ岳おろしのからっ風は、それはそれは寒いのです。高校生の頃、居残り授業や部活で、夕方遅く帰り玄関を開けると、プーンとおほうとうの匂い。うれしかった。

私達甲州人は昔からどうしても「お」の字をつける。つまり「大切なもの」、その敬いの気持ちのものがいくつかある。きっとどこの地域にもそういうものがあることでしょう。山梨は「おぶどう」「おほうとう」が代表的なものです。

ほうとうという名前の由来を私は知りません。しかし貧しいお米生産の少ない(火山灰地方のためということでした)甲州の合理的(満腹度、栄養価)な主食として武田信玄が家来に命じて産み出したものと言われています。

お米の足し分にということは子どもで知りませんでしたが、10人のうち8人は好きな食べ物だったんでしょう。ちなみに私の父は晩酌を欠かさないお酒好き、この種の人たちはおほうとうより湯もり。(今風に言うと釜あげうどん)を好んでいたようでした。

海もない山梨は煮干しや鰹節などの出汁はありませんから、すべて野菜が出汁になります。冬は人参、大根、カブ、牛蒡、芋類、カボチャ、ホウレン草、小松菜、ネギ、油揚げ、これらを沢山の水の中に入れて半煮えの頃、生のうすい幅広のうどんをそのまま(前もってゆでないということ)入れます。ひと煮立ちしたところに味噌を入れてコトコトと煮込みます。それだけの料理です。

質素倹約のための料理、高価な肉類など入れるはずもなく、唯一油物は油揚げくらいです。しかし不思議においしいのです。つまりもったいないのでうどんのゆで汁さえ捨てさせないといううどん料理です。

日時  1月23日(火) 午後6時から午後7時30分まで
場所  神楽坂 子どものいのちを守る会事務所
     東京都新宿区矢来町123矢来ビル3F
    地図 https://goo.gl/maps/V3aNgtt4ZnE2
参加費 無料 すきっ腹を抱えてきてください。
申込  こちらからどうぞ。 http://bit.ly/kodomonoinochi

このあとに午後7時30分からボランティアミーティングを開きます。
その詳細はこちらをご覧ください。

ボランティア会議開催

 

来年おこなうスポーツイベントの企画会議を、ボランティアのみなさんとしています。興味のある方はこちらからご連絡の上、11月25日(土)19時に、子どものいのちを守る会事務所へいらしてください。

質問なども同じメールフォームから受け付けています。ご連絡お待ちしています。